初詣就職成就活動 通関士の仕事

初詣就職成就活動

初詣就職成就活動 通関士の仕事


就職活動 通関士の仕事


1.就職活動に有利な国際貿易のキーマン「通関士」の活動とは?

 多くの国では、生産技術の進んだ外国からの、安くて品質のよい製品の大量流入で
国内産業が打撃を受けないように、産業保護のための「関税」を設けています。
日本に輸入される貨物は必ず財務省の管轄する税関を通り、輸入申告とともに
関税申告をしなければなりません。
輸出の場合も同様に関税を通ります。
このような税関手続きをコーディネートするのが就職活動に有利な資格 「通関士」の職務です。
 財務省認定の国家資格で、大きな責任と権限に裏付けられた本格的な
国際派の就職活動の資格です。

 就職活動での就職後通関士の主な仕事は次の4つです。
1.「通関手続きの代理」があります。通関士は輸出入をする際、税関への申告・申請から
 許可・承認を受けるまでの手続きを行う活動。

2.「不服申し立ての代理」です。
 申告に対する処分が違法や不当であった場合の税関長への「意義申し立て」や、
 財務大臣への「審査請求」を行う活動。

3.「主張、陳述の代行」。
 通関手続きや意義申し立て等について、税関に代わって行う活動。

4.「通関書類の作成代行」です。
 通関書類とは、税関や財務大臣に提出する書類のこと。
 輸入申告書の作成、不服申告書の作成などの活動があります。

-----------------------------------------------------------
2.就職活動を通して通関士としての活動するには?

 通関士が就職活動して就職し活躍する所、それは通関業者です。
通関業者といっても専業の会社はほとんどなく、倉庫会社や運送会社が
兼業しているケースがおおいのが現状です。
通関業者が通関業を営むには、「原則として営業所ごとに1名以上の通関士を
置かなくてはならない」ということが通関業法にさだめられています。
さらに、通関士には貨物を税関に通すための「通関書類の審査」
「通関書類の記名・押印」という独占的に行う業務があるため、
通関業務におけるその役割は不可欠な活動です。
航空貨物の取扱量が伸び続ける日本にとって通関士は、今後ますます
必要とされる存在になり就職活動には有利です。   

****通関士まめ知識****

1)就職活動の資格 通関とは?
  外国から入ってきた貨物は一旦、保積地域に入れられます。
  税関に輸入申告をして、関税を納め、検査され許可が降ります。
  その一連の流れを「通関」といいます。

2)就職活動の資格 通関業者とは?
  通関業務を一手に引き受けているのが通関業者です。
  専業で行っているところはあまりなく倉庫会社や陸上・港湾・海上・航空の
  運送会社が兼業で活動しいるケースがほとんどです。

3)就職活動の資格 通関業法とは?
  通関業の仕事をする上で最も基本的な法律です。
  通関業務の定義、通関業の許可した営業区分、通関士の資格や義務などが
  定められています。
   試験科目のひとつでもあります。

初詣に関する質問に回答する初詣FAQ(質問と回答)