初詣就職成就活動 通関士の職場

初詣就職成就活動

初詣就職成就活動 通関士の職場


初詣就職成就活動 通関士の職場


この資格は資格保有者が少なく就職活動に有利な注目の資格です。
飛行場での税関検査、輸出、輸入の
書類作成など海外貿易にはなくてはならない就職活動にプラスになる資格です。

 「通関士」として就職活動するためには、商社やメーカー、百貨店などが
今輸出、輸入を必要としています。
通関手続きや輸入に関する税務の知識を生かせば、通関業者との交渉も
スムーズになるため企業では今通関士の資格を持っている人は
非常に有用な人材と評価を受けているので就職活動に大変有利です。

 又、増加しつつある個人輸入の代理的な役割など求人は増加する一方です。
この資格は男女を問わず就職し活動出来る仕事です。

通関業者(=大手物流業者などは通関業の免許は取得している)に勤務(or就職)し、活動。
税関長から通関士としての確認を受けることで、初めて『通関士』として
就職し活動、業務に従事することになります。

通関士--->通関業者に所属し通関業務に携わる人

通関業者--->国際物流に不可欠、通関業務を独占して行う業者

通関業者と言っても専業の会社はほとんどなく、倉庫会社や運送会社が
兼業しているケースが多いのが現実です。
しかし原則として営業所ごとに1名の通関士を置かなければならないと
通関業法に定められているので就職活動に有利なのです。
なので就職活動先は沢山あります。

まずは国家試験取得を目指して頑張りましょう!

試験の出題は短答式(5肢択一方式)と記述式で行われます。
記述式は長い文章を書くわけではありませんので書く練習さえすれば
誰でも高得点を狙えます。
むしろ通関業法、関税法等、および通関実務の3科目について、短答式について、
3科目のうちいずれかに6割未満の点数があると、記述式は採点されませんので
注意が必要です。
過去問題をはじめとして数多くの練習問題をこなし、
幅広い知識を定着させることが必要でしょう。

平成15年度の試験の結果
申込者⇒13,556人 受験者数⇒10,001人 合格者数⇒1,211人 合格率12,1%
と合格率が高く取得しやすい資格です。


 通関業制度は、昭和42年に制定された通関業法に基づくものであるが、
通関業法の施工以降、通関業を取り巻く環境は大きく変化しており、
例えば、物流の迅速化のため、海上貨物のコンテナ化が進展するとともに、
小口急送貨物の増加に見られるように航空貨物のウエイトが増加しているほか、
税関手続きの電算化も進展している。
このように、輸出入貨物が年々増加し通関業者の業務量が増加する一方、
荷主は迅速通関を希望する事から、適正かつ迅速な通関活動の確保のために、
通関業者の役割の重要性は増している。
 その他の通関業を取り巻く主な環境の変化の一つとして、
より一層の適正な納税申告を確保する等の観点から平成9年10月に導入された
関税に係わる加算税の賦課事例を見ると関税分類の誤りに起因するものが多いことから、
荷主の委託を受けて通関事務を代行する通関業者・通関士、特に関税分類等の
申告内容を審査する通関士の専門能力はますます重要なものとなってきて就職活動に有利です。

****まめ知識****

 通関士のHPでよく見る“NACCS”って何?

 近年、貨物の輸出量の著しい増加に伴う通関業務の迅速化への要請に応じて
 通関手続きをオンラインで迅速かつ適正に処理しているのが
 “NACCS” と呼ばれる通関情報処理システムです。
 NCAASとはNippon Automatod  Cargo  Systom の略で、
 航空貨物を処理する航空システム(AirNACCS)と海上貨物を
 処理する海上システム(SeaNACCS)の2つがあります。
 これらは、いずれもホストコンピューターと税関及び民間利用者(航空会社や通関業者
 など)の事務所に置かれた端末機とを通信回線で結び、
 輸出入貨物にかかる税関各種手続きなどをオンラインで処理しています。
 全国の主要な空港、海港にNACCSは導入されており、
 全国の輸出へ申告件数の約8割がNACC Sで処理されています。
 これによって税関手続きの迅速化・適正化物流の円滑化に大きな効果をあげています。

初詣の意味と諸説、お参りのしかた、喪中の初詣などの初詣の知識です。