初詣就職成就活動日記 オフィスに欠かせない文房具や事務用品

初詣就職成就活動

初詣就職成就活動日記 オフィスに欠かせない文房具や事務用品


初詣就職成就活動日記 オフィスに欠かせない文房具や事務用品


 オフィスに欠かせない文房具や事務用品、今では何アイテムあるのか想像できないくらい
多種多様に出回っています。
文房具と一口に言っても、ファイル用品・筆記具類・各種用紙・OA関連用品・印章用品
そしてオフィス家具など、実に様々です。

また、業種によっては製図用品も必要でしょうし、テープや梱包に必要なもの
ラベルライターなどやパントリー用品も置いておくと良いでしょう。
これらはオフィスの規模、職種などによって必要なものにかなり差があります。

日々便利な事務用品が発売されています。
その一例が修正テープでしょう。
字を訂正する際、以前は消しゴム(砂消し)しかありませんでした。
その後修正液が発売され、ボールペンや印刷の文字を訂正するときに
紙を傷めることなく字を「消す」ことができるようになりました。

その後修正ペンが出回り、刷毛で文字を消す修正液よりも仕上がりがきれいで
扱いやすくなりました。
さらに今では修正テープが一般的になりました。
修正液や修正ペンを使うとホワイト液が乾くまで上に文字を書くことができないので
乾くまでに少し時間がかかりました。
けれども修正テープは文字の上をなぞって消したすぐ後に字を書き込むことができるため、
乾かす手間が省けるようになったのが人々に受け入れられる要因の一つなのでしょう。

もちろん、今でも砂消しや修正液・修正ペンも商品としてありますし、
使い方によって修正テープよりも便利なところもあります。
ですから、オフィスでの事務用品選びは、使い勝手や使用用途・必要量・値段などを
十分考慮した上で、なるべく色々な商品を検討することが大切です。

今ではほとんどの人が使っている「付箋」、
これも大きさや形や色など実にバリエーション豊かに販売されています。
就職活動後オフィスでもなくてはならない必須アイテムですが、
この付箋は失敗から生まれた商品だったのは有名な話です。

とある会社で強力な接着剤を開発しているときに、
すぐ剥がれてしまう不良品が偶然できてしまいました。
それを使ってメモ用紙を作ったところ、教会の聖歌隊がしおり代わりに使ったら、
しおりのようにぱらぱら落ちずしかもはがした後が残らないと評判になったのです。
その後そのメモ用紙を商品化しようとしてまず会社の秘書たちに使ってもらったところ、
たちまち大評判になりついに商品として発売されるようになったのです。

発想の転換によって便利な事務用品が誕生したわけですが、
その裏には事務用品に「うるさい?」秘書たちの力が大いに関わっていたのですね。
今後はどんな新しい事務用品が発売されるのでしょうか???