初詣就職成就活動日記 秘書の業務

初詣就職成就活動

初詣就職成就活動日記 秘書の業務


初詣就職成就活動日記 秘書の活動、業務


 秘書の仕事というと、TVなどで政治家についている秘書の活動をよく見ますし、
大学教授の秘書などがよくイメージされます。
又、企業の役員に対して秘書がついていたりもします。
 秘書のなかでも、個人に対して付く場合と、企業などで採用される
日本独自のスタイルであるグループとに分かれます。 
 様々なスタイルであるとはいえ、基本的に秘書の仕事というのは、
経営者や管理者の幅広い範囲での仕事のサポートのこと。
仕事がしやすいように、環境を整え、
そして経営者や管理者の元に集まってくる膨大な情報を処理し、
上司を助け仕事の目標を達成することが主に秘書の仕事になっています。
 それ以外にも、経営者や管理者のアシスタントだけではなく、
組織を円滑にすすめていくために、様々な業績を行っていきます。

*秘書の仕事って?*
 秘書の仕事は大まかに分けて以上の項目になります。
以下自分で、実際に出来るか(出来ているか)判断してみましょう。

@上司の仕事環境の整備・オフィスの管理活動
 仕事に打ち込めるような心遣いが必要。

Aスケジュールの管理活動
 役職が高いほど多忙であり、効率よいスケジュールの組み方、予定外の対処
 の仕方など責任は大きい。

B接遇活動
 訪問者を案内しティーサービスする。あるいは面談を断るなど、相手に合わ
 せた挨拶や対応の仕方が求められる。

C電話
 はっきりした明るい対応と、要件次第で上司につなぐ、またはいない場合の
 対応や、電話をかける作法、伝達の正解さが必要。

D会議
 日時の調査。会議室の予約、準備など、何が必要で進行しやすい会議になる
 かの手順や配慮が必要となる活動。
7
E交際業務
 慶弔の準備、出欠席の返事など頼まれ事をこなすだけでなく、必要と思われ
 る情報を提供するものも秘書の役目である活動。

F文書の情報管理
 上司が必要とする情報をいつでも提供できるよう、情報や書類の処理とファ
 イリングも秘書の腕にかかっている活動。 

 秘書の仕事といっても、ビジネスマナーや一般常識など社会人としての
基本的なことばかりです。
 その為、秘書検定は社会人としの最低限のマナーや常識を
マスターしている判断の目安となります。

*重要視される秘書の役割*
 現在、専門化・分業化がすすむにつれ、欧米企業と同じように
秘書の役割は益々高まっていくばかりです。
 秘書なくしては、経営者の活躍も難しい時代になって来ているのです。
 その為、秘書検定は、今、オフィスワークのスペシャリストとしての評価も高く、
キャリアアップをめざす人、就職活動のための学生の必須の資格となっています。
定番資格としても評価の高い、秘書検定、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。


**資格ランキング** 〔大手企業の人事担当者に聞きました。〕

1.サービス業
  第1位  簿記2級
  第2位  調理師
  第3位  簿記1級
  第4位  実用英語検定
  第5位  旅行業務取扱管理者

2.不動産業
  第1位   宅地建物取引主任者
  第2位   建築士
  第3位   不動産鑑定士検定
  第4位   土地家屋調査士
  第5位   簿記2級

3.製造業
  第1位   簿記2級
  第2位   第1種情報処理技術者
  第3位   日本語文書
  第4位   第2種情報処理技術者
  第5位   簿記1級

4.金融業
  第1位   簿記2級
  第2位   簿記1級
  第3位   中小企業診断士
  第4位   税理士
  第5位   公認会計士


正月の遊び10種の説明です。