みんなの就職活動 自己能力を高める

みんなの就職活動

   みんなの就職活動 自己能力を高める


みんなの就職活動 自己能力を高める

■虚空蔵菩薩求聞持法(こくうぞうぼさつぐもんじほう)

虚空藏菩薩能滿所願最勝心陀羅尼求聞持法の略名。
昔大安寺の道慈律師入唐して其の法を受け、還て善議に授け、善議之を勤操に授け、勤操之を空海に授く。【傳通縁起下】

「虚空蔵菩薩経」は虚空蔵菩薩が神力によって衆生の罪を救うお経です。
「虚空蔵菩薩経」には智慧の欲しい者、人々から愛されたい者、歌を好み第一人者となりたい者、王位の位が欲しい者、資財が欲しい者、眷属が欲しいと願う者、名声を上げたい者、つまり就職活動自己能力を高めたい者は虚空蔵菩薩の真言を唱え名前を念じたなら就職が叶えられると記されています。

真言宗の開祖 弘法大師や中興の祖興教大師は『虚空蔵菩薩求聞持法』を修しておられます。
弘法大師が京の大学をやめて、唐(中国)に渡るまでの間の仏道修行時代に幾度となく修行され自己能力を高められました。
高知県の室戸岬で求聞持法を修し、満願の日に明星が口の中へ入り、求聞持法を修得し自己能力を高めたと言われています。
この修行により大師は宇宙の大生命に触れ、このことが後の真言宗の教義を展開する基礎となりました。
室戸岬にはお大師様が求聞持法を修し自己能力を高めた場所が残されています。

智慧や暗記力ばかりか、あらゆる財宝を得られる功徳、就職活動などの所願成就の
功徳があるとされ、日蓮は12才の時「日本第一の智者となさしめ給へ」と21日間願掛けされて自己能力を高め虚空蔵菩薩様から宝珠を頂かれました。

虚空蔵求聞持法は虚空蔵菩薩を念じて記憶力を得るもので、弘法大師空海の「三教指帰(さんきょうしいき)」に、この真言百万編を誦すれば就職活動などの自己能力を高め大変な暗記力を得られるとあります。
虚空蔵尊を本尊にして心身を清く保ち、真言を百萬遍誦することにより、自己能力を高め一切の経文を暗記し理解することができ、宇宙に遍満する仏の智恵を一身に体得することができるとする秘法です。

御真言「おんばざら あらたんのう おんたらく そわか」を百万編も誦するのは常人には無理かもしれませんが、少なくとも御真言を誦することにより自己能力を高め就職活動の願いが叶う方向に近づくことでしょう。




御真言を誦する
御真言を誦する

御真言を誦する
御真言を誦する