みんなの就職活動インテリアコーディネーターの仕事

みんなの就職活動

みんなの就職活動 インテリアコーディネーターの仕事


インテリアコーディネーターの就職活動後の仕事


1.トータルに住空間を提案する。これがインテリアコーディネーター。
住宅に関して今のユーザーの求めるレベルは高く、個人のライフスタイルや趣味に合わせた「自分らしい生活空間」を求めるようになってきています。
そのため、インテリアコーディネーターは消費者のニーズの流れを的確に読み取り、新しい生活様式を提案する能力が必要です。
インテリア商品や建築に関する、幅広い知識と表現力をフルに活用できること。
顧客の生活様式や要望に合わせてトータルな住環境づくりを手助けできること。
現場管理や見積もりに関する能力があること、などなど。
インテリアコーディネーターといっても、就職活動しての就職後実に幅広い活動を受け持たなくてはなりません。
さらに人と接する仕事の常として、就職後は協調性や交渉力も不可欠といえます。
営業マン、建築士、現場関係者、そして一番大切な施工。
これらの人々の様々な要望や利害を調整して、家を快適に住める形にまで持っていく。
このことも、インテリアコーディネーターの就職後の活動。
そのかわり、お客様に満足していただけた時の喜びはひとしおといえます。
新たなライフスタイルを提案でき、施主からは、感謝され、
さらにフリーになればそれなりの高収入を得られるヤリガイあふれる仕事です。

///例:一戸建て住宅の新築///

◎営業活動-----住宅メーカーなどでは専門の営業マンが行うのが一般的ですが
インテリアの商品説明を求められた時などは営業マンに同行します。
又、インテリアコーディネーター1年生は住宅展示場などの営業から経験を積んで
ステップアップしていくこともあります。
                  ↓(受注)
◎コンサルティング-----お客様が何を要望しているのかを聞き出し、把握します。
お客様が漠然と抱いている住まいへの要望を家族構成やライフスタイル、
趣味や嗜好などを知る事で具体的なものに落とし込んでいきます。
又、家族の中で異なる意見をここで調整していきます。
                  ↓
◎プランニング-----お客様の要望に添って、フロアープラン(間取り)
ルームプラン(建具・内装仕上げ材・収納など)、ライティングプラン、
設備プラン(コンセント計画・キッチンなどのユニット構成)などを企画します。
提案商品は2〜3つくらい用意し、お客様にわかりやすいように図面や
カタログ写真を貼り込んだプレゼンテーションボードやサンプルを用意します。
インテリアコーディネーターとして、最も腕を振るえる活動といえます。
                  ↓
◎プレゼンテーション-----プレゼンテーションボードをもとに企画案の説明をして、
お客様に決定していただきます。
この段階で、お客様とショールームへ行って実物を見ながら商品決めをすることもあります。
商品は1回で全てのものを決めるのではなく、まずは建具、
次に内装材や設備機器、照明など、躯体工事の進行状況によって
必要なエレメントを決めていくのが一般的です。
                  ↓(契約)
◎商品発注・現場管理-----決定した商品を各業者に発注します。納品日や施工
日にはできるだけ現場に立会い、発注どおりのものが届いているが、正しく取
り付けられているかを管理・監督します。
                  ↓
◎アフターケア-----家は試用できない商品です。
お客様の希望どおりのものを設置しても、実際に住んでみて、
不都合が見つかる場合もあります。
入居後のお客様の相談相手になることも重要な仕事です。

2.メーカー、流通、そしてフリーとして、そのニーズは強くあり、活躍の場は広い。
住宅メーカー・リフォームメーカー・内装施工会社・設計事務所・ インテリアメーカー・百貨店・小売・インテリアショールームなど。
インテリアコーディネーターが就職活動をして就職する職場は数多くあります。
そのため、インテリアに関するトータルな知識をもった人材に対するニーズは強くあるといえます。

そして今後、インテリアコーディネーターという専門家の活躍の場がさらに拡がる事は間違いありません。
また、経験と実力で勝ち取った評価をテコに独立。
仕事で培った人脈を活かしてフリーとして活躍する人も数多くいます。
このように、インテリアコーディネーターは、自己の能力を高めることにより、これらの社会やユーザーに大きく貢献することができるのです。

3.コーディネーターとしての実力は?その時のいちばんの判断基準が資格
ユーザーは、インテリアの相談をする時、相手がどの程度のインテリア知識や技能を持っているか不安に思うものです。
そこで、誰に相談すればよいのか客観的に判断するモノサシになるのが、インテリアコーディネーターの資格というわけです。
また企業は、仕事のクオリティーをアップさせるために専門の知識や技法を見に付けている人材を求めます。
インテリア関係の分野では、同資格が、その能力の有無を判断する絶好の基準にもなります。
すなわち、資格を持っていると転職・再就職の時にもダンゼン有利となることはいうまでもありません。
4.米国では一人の独立したスペシャリスト。日本でも注目度は上昇中。
最近の景気低迷で、新築住宅の着工件数は、下がっていますが、その分リフォームや質の高い住宅設備に対する需要は高くなっています。
また、家庭生活を重視する最近の風潮から、消費者の住まいに対する意識は、むしろ高まっていると言えます。
そんな消費者の立場に立って、自らの感性を反映させつつ、機能的で、お客様の希望に合わせたバランスのとれた住空間を提案し実現させる。
そんなインテリアコーディネーターの仕事は、自らの裁量範囲が広く、いわゆるスペシャリストとして認知されています。
例えば住まいの先進国であるアメリカなどの場合、建設費用の3%程度がインテリアコーディネーターの取り分とされています。
また施主の方も、建築とインテリアは各々専門家に発注するのが普通です。