みんなの就職活動 ユニバーサル・デザイン住宅に求められるポイント

みんなの就職活動

みんなの就職活動 ユニバーサル・デザイン住宅に求められるポイント


みんなの就職活動 ユニバーサル・デザイン住宅に求められるポイント


「ユニバーサル・デザイン住宅」は年齢、性別にかかわらず、すべての人が
使いやすく、快適に生活できることを前提としたデザインの住宅です。

最近では、高齢社会を意識し、浴室や床などの段差をなくした
「バリアフリー住宅」から、誰もが使いやすい「ユニバーサル・デザイン住宅」へと
住宅の傾向も変わってきていることは、皆さんもご存知のことと思います。

「ユニバーサル・デザイン住宅」に求められているのは、
次のようなことがらです。

  1. 誰にでも使いやすいサイズやデザイン性があること
  2. 誰にでもわかる表示であること
  3. 誰にでも楽な操作性があること
  4. 誤作動時でも安全であること
  5. 誤作動を起こさないデザインであること
  6. 誰にでも安全で安心な設計であること
  7. 誰にでも簡単な維持管理であること
-----------------------------------------------------------------------
たとえばトイレを計画するときに、洋式便器を採用することによって、
身体への負担が軽減されます。
そして、洗浄・暖房便座や手すりを設置しましょう。
床材は滑りにくいものにします。
また、冬期用の暖房を用意します。
出入り口の床面はフラットする、開閉しやすいドアへの配慮を忘れずにし、
足元が陰にならないような照明をつけます。

何か特別なことをするのではなく、以上のようなことに注意して
設計することによって、いつのまにかユニバーサルなトイレができあがるのです。
今回はわかりやすくトイレを例に取り上げましたが、
それぞれの場所で同じように配慮していくことで、ユニバーサル・デザイン住宅が
完成するということは、ごくあたりまえのことなのですが、
広くて、深い見識が必要であることを念頭において学習していきましょう。