みんなの就職活動 木構造:考え方の組み合わせから成り立つ木造

みんなの就職活動

みんなの就職活動 木構造:考え方の組み合わせから成り立つ木造


みんなの就職活動 木構造:考え方の組み合わせから成り立つ木造


「木構造」についての基本的なお話です。

わが国の戸建て住宅シェアの半数以上を占める「木造軸組構造」とは、
主体構造に木材を使って組み立てた架構式構造のことです。
構造材としては、すぎ・まつ・ひのき・つがなどの針葉樹が多く用いられています。
材料の性質としては、軽量であるというほかに、軽量であるわりに強度が大きい、
加工性がよいなどの長所がある反面、燃えてしまう、腐りやすい等、
耐火性・耐久性に劣るという欠点もあります。

しかし、この防火や防腐に関しては、設計上の配慮等によって
その欠点を十分に補うことができます。

わが国に伝わる木造の技術というのはすばらしいものです。
現在でこそ木造といえば小規模な建物という印象ですが、飛鳥や天平の昔には
小規模どころか、木造としては記録的な大規模建築物を構築しています。
また、和風建築と呼ばれるものにはすばらしい伝統があり、
特にその意匠性には他の追随を許さないというものがあります。

しかし、構造体として日本古来の木造(和風建築)を見てみますとも
欠点が全く無いとは言えないというのが現状ではあります。
やはり接合部と呼ばれるジョイント部分や、壁体構造に関しては
洋風建築の方があきらかに優れています。

接合部はその状態によって「継手」あるいは「仕口」と呼ばれる部分です。
材料の直線状にある接合部を継手、角度をもって交差する接合部が仕口です。
従来行われてきた和風の継手と仕口は、金物を用いないで高度な工作技術を
必要とするものです。

ところがこれは、外観が優れているかわりに、接合部の強度が
概して小さいという欠点があります。
元来、接合部は変形が小さく、容易に破壊されないことが要求されるのですから、
現在ではここに金物を使って接合部を補強するということを行っています。
この木造に金物を使うという技術は洋風建築から学んだものであります。

また、和風建築の壁体は「真壁」といって、柱が外部から見える構造になっていました。
真壁は小舞竹またはラスボードに塗った土壁が基本です。
土壁は剛性が小さいので、従来の和風建築は壁量を増やすことで
その欠点を補ってきました。

しかし、地震力や暴風雨時の風圧力という水平力に対してはある程度の被害は
免れないというのが現状でした。
洋風建築の壁体は、柱が壁の中にかくれて見えない状態になる「大壁」です。
大壁は壁の中に中空ができるので、その間に筋かいを入れることができます。
水平力に対する筋かいの効果にはすばらしいものがあります。
筋かいをしっかり入れた大壁は、真壁の6倍もの耐力を生じることもあるのです。

以上、木造を構造から考えてみました。
今の木造はいろいろな考え方の組み合わせから成り立っていることが
おわかりいただけたでしょうか。