みんなの就職活動 結露対策

みんなの就職活動

みんなの就職活動 結露対策


みんなの就職活動 結露対策


寒くなる季節になると多くのかたが「結露対策」に悩むのではないでしょうか。

結露という現象は、冷えた壁面にふれている空気が、その露点以下に冷やされて
壁面に水滴がつくために起こります。
空気中には水蒸気状態の水分が含まれていますが、その水分は空気の温度が下がって
過飽和状態になると、水蒸気が水滴となり、それが壁やガラス面などについて結露となります。

冬に外壁の断熱性が悪いと、室内側の壁面の温度が下がり、
飽和水蒸気が水滴になりやすい状況になります。
そして空気の流れが少ないと、壁面の空気が冷やされて
壁面に結露を生じさせるようになります。
冬に窓ガラスが曇ることが多いのはそのためです。

日中寒くて石油ストーブを使用したり、その熱を利用してやかんの湯を沸かしたりすると
水蒸気を発生させ、湿度が高くなります。
その後夜ストーブを消して室温が下がると、水蒸気の過飽和状態となり、
結露が起きやすくなります。
冬場の空気は乾燥しがちなので、加湿も大切ですが、
一方では結露を招くという問題もあるのです。

結露がもたらす問題は、壁や窓ガラスなどが濡れるということだけではありません。
壁の塗料が剥がれやすくなる、汚れる、カビの発生という目に見える問題以外に、
もし壁の内側にも結露が生じた場合、柱や土台の腐朽といった建物自体への障害が
生じることにもつながります。
そのため、結露の防止は衛生上・健康上・そして建物にとっても大変重要な課題なのです。

では、どのようにして結露の発生を防げばよいのでしょうか?
まず、壁全体の断熱性を高めるのが基本です。
断熱材として一般的なグラスウールやロックウールは湿気の遮断性に乏しいので、
そのままですと断熱材の裏側で結露(内部結露)する場合があります。
これを防ぐには、断熱材の室内側に防湿層を設けて湿気が断熱材側へ
行かないようにすることが必要です。

断熱材や防湿層については施工側の防止策ですが、
日々の生活の中での結露の防止策として、どうすればよいでしょうか?

・換気を充分行い、室内の湿度を低くする

・室内での水蒸気の発生をなるべく抑える

・換気扇や、冬でも扇風機を使うなどして、室内の空気のよどみをなくす

これらは比較的簡単で、しかも日常的にできることですので、ぜひ試してみてください。
また、窓ガラスについた水滴はきれいに拭き取るのが基本ですが、
水滴を取り除くワイパー式の製品や、窓ガラスに付けて水滴が垂れるのを防ぐ
テープなども便利です。
カビの発生や不衛生にならないよう、気をつけましょう。

快適な室内環境作りは、インテリアコーディネーターの大切なお仕事です。