みんなの就職活動 配色について

みんなの就職活動

みんなの就職活動 配色について


みんなの就職活動 配色について


「配色」についてお話しましょう。
 配色とは色の取り合わせのことで、カラーコーディネートには必要不可欠な要素です。
同じ配色でも組み合わせた色の面積比を変えることで、かなり違った印象を与えることができます。

 配色を考える上では大きく分けて、同じ色相を組み合わせて「まとまり感」を出すか、逆に反対の色彩を使って「きわだち感」を出すか、この2つのテクニックがあります。

 また、色の使い方(組み合わせ)は同じでも、全体のトーンを変えてみたり、どれかひとつのトーンを変えてみたりしても、違った印象に変化します。
こう考えてみると、配色による変化は無限に広がりますね。

 2つの色を同じ面積で配色すると、それぞれの色が主張し合う関係になるために、キツい印象を与えやすくなります。
強いインパクトを与えたい場合はそれでもよいのですが、逆に色に負けてしまったり、色で主張したいポイントがずれてしまっては困ります。

そこでそんな場合には、色の面積比を変えてみたり、間に別な色を置いて「ワンクッション置く」ようにしたりするテクニックを使ってみましょう。
アクセントがうまく効いて色が生き生きとして見えたり、すっきりと収まって見えたりします。

 配色の要素でもうひとつ大切なのは「グラデーション」です。
ひとつの基本的な色で明るい色から暗い色へと並べてみる(わかりやすく言えば白→灰色→黒へと並べる)方法と、違う色の集まりだけどトーンは統一して並べる方法があります。

 これらの要素は、何に対して配色を考えるかによって、使える色や避けたい色が出てきます。
例えば部屋の模様替えの場合を考えてみましょう。

カーペットの色、カーテンの色、壁の色、ベッドカバーの色、家具の色などなど組み合わせとして考えなくてはならないものがたくさんあります。
もし「落ち着いた雰囲気の部屋にしたい」と考えた場合、いくら落ち着いたといってもすべて真っ黒にするのは非常識です。

でも黒を基調として、それにちょっとしたアクセント色を配置すれば、黒主体の部屋は可能となります。
そしてそのアクセント色をどこに、どれくらいの割合で使うかをさらに深く考慮すればかなり居心地の良い部屋になるでしょう。

部屋はその使用目的や部屋の主の意向によって、部屋の配色がかなり違ってきます。
リラックスしたい部屋、勉強に集中できる部屋、家族が楽しく団欒できる部屋など。
配色による人の心への影響はかなり大きいことはお気づきでしょう。
色のコーディネートは、私たちの生活にとても深い関わりがあるのですから。