みんなの就職活動 オーラソーマ

みんなの就職活動

みんなの就職活動 オーラソーマ


みんなの就職活動 オーラソーマ


 オーラソーマは1983年、イギリス人女性ヴィッキー・ウォールさんによって確立された、独自のヒーリングシステムです。
「オーラ」は「虹の七色を持つ光」、「ソーマ」は「身体・存在」を意味します。

 オーラソーマには「イクイリブリアムボトル」が必要不可欠です。
これは色のついた油分と水分が入ったボトルで、全部で105本あります。
色の組み合わせはすべて異なり、これらには000〜104まで番号と名前がつけられていて、それぞれに意味があります。

 この中から直感で4本のボトルを選ぶことにより、その人の性格や本来の姿・将来の可能性などを知るというセラピーがオーラソーマです。
選んだ4本のボトルが持つ意味は、

  1. 自分らしさとは何か、本来の性格、人生の目的
  2. 過去に経験したこと、抱えている問題、改善すべきこと
  3. 現在の心境、状態、今すべきこと
  4. 未来の可能性、これから何をすべきかです。
 オーラソーマは、ボトルにつけられた番号による数字からの判断や、占星術、タロットなどといった神秘的な世界とも深いつながりがあります。
「潜在意識から選ばれるボトルがその人の本質を表す」というのは、何か目には見えない不思議な力の証といえるのかもしれません。

 そのためオーラソーマを占いと混同する方が多いのですが、オーラソーマを色彩の観点から見ると科学的な論理に基づいていることは明らかです。
心理学の要素が取り入れられ、根拠のある色彩論が基になっていますので、占いとは違います。

 色彩検定2級の「試験の領域と内容」に「色彩心理の応用、生活における色彩の使い方を考える」が含まれているのも、色彩がメンタルな部分に深いかかわりがあるからです。

 それにしても、4つのボトルを選んだだけで自分自身でも気付かなかった本質が
わかってしまうなんて、「色」って本当に不思議で奥が深い世界ですね。
機会があればぜひオーラソーマで自分について「研究」してみてはいかがですか?